日本スクールコーチ協会は、教育現場・保護者にコーチングを普及している全国組織です

  •  1対1のコーチング力を高め、コーチとしての自己基盤を更に整え、 プロコーチとして活動できることを目指します。
  • 青少年のライフデザイン・キャリアデザインを習得します。
  • グループコーチングの知識と理論を学びながら体験します。
主な対象者
  • プロコーチとして確立したい方
  • 当協会の基礎コースを修了した方
  • 生徒・学生に関わるコーチングや活動を行いたい方
プログラム クラス 内容 コマ数(1コマ=3時間)
1. 応用コース概要 学びの目的とゴール設定
2. コーチスタンダード ICFの倫理規定と能力水準
3. 自己基盤III コーチとしての基盤強化
アサーティブコミュニケーション
4. スクールコーチング実践I ライフデザインコーチング
5. スクールコーチング実践II キャリアデザインコーチング
6. コーチング実践編I 1対1のコーチングレベルアップ
7. コーチング実践編II 連続したセッションの管理
グループコーチングへの挑戦
受講日数 6日間 (36時間)
クラスと並行して実践すること 個人コーチングを受ける(6回以上)個人コーチングを行なう(5人x6回以上)

電話による合同トレーニング 3回

講座受講料 240,000円
(税込259,000円)
6日間の講座受講
電話による合同トレーニング
別途料金 30,000円
(税込32,400円)
個人コーチング費用 6回分

*ICFの資格取得希望の方の個人コーチングは別メニューになります
(希望者の方にお知らせします)
応用コースを修了した方は「認定スクールコーチ」を取得するための試験を受けることができます。

 

button_toiawasebutton_moushikomi

「認定スクールコーチ」<資格取得条件>

  • 応用コースの全課程を修了した方

<試験概要>記述試験、実技試験

【受験料】 10,000円(税込10,800円)

ご不明点やご質問がございましたら「お問合せ」より「お名前、ご連絡先」を明記の上、

お問合せください。

応用コースの特徴

専門性の高いコーチング力が身につきます

  • 国際基準に添ったコーチング体験を繰り返すことによって、 コーチとしての専門性を確立し、プロコーチとしての基盤を整えます。
  • 国際コーチ連盟の定めるコア・コンピテンシーに沿った1対1のコーチング実践を行い、 メンターコーチからフィードバックを受けられます。
  • クライアントへコーチングを提供することも引き続き実践していきます。
  • 電話トレーニングでスキルアップを目指します。
  • グループコーチングの知識と理論を学び実践を重ね、現場で活用できることを目指します。
  • 生徒・学生対象にライフデザインを描いてからキャリアデザインを設計する スキルやノウハウを学びます。
  • スクールコーチ養成プログラムは国際コーチ連盟が定めるプロコーチの世界的水準である、 コーチのコア・コンピテンシーと倫理規定に沿ったプログラムです。

*スキルアップトレーニング・ファシリテーショントレーニング・登壇トレーニング 特別講座など当協会が行う各種トレーニングを特別価格で受けることができます。 2014年度講座スケジュール(平成26年度)

button_toiawase button_moushikomi

このページのトップに戻る

ICFリードインストラクターリスト

木村 純子(きむら すみこ)
木村 純子 国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ (財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ (株)コーチ・エイCTPトレーナー 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
1963年生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。 新卒で外資系企業に入社。秘書からスタートし、「社内転職」で複数の仕事を経験した後 2005年より経営層の一員に抜擢され、グループ企業全体約800名の人事・教育・広報・総務を統括。 組織改革、人事制度改革、教育プログラム刷新、社内イベントの企画運営など、 様々な角度から企業変革に力を尽くす。 2009年末に退職。最終職歴は財務以外の管理部門を統括する取締役。2001年にコーチングと出会い、在職中からプロコーチとして活動。 2006年からコーチングの教育にも携わる。 2007年からNLPを学び、コーチングとNLPで自分自身が大きな自己変革を体験した。 退職後は自己基盤強化・リーダシップ開発・マネジメント・組織開発・チームビルディングなどを テーマに、フリーランスのコーチ・講演者・研修トレーナーとして活動中。

 

三好 智玄 (みよし ちげん)
三好 智玄 国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ (一財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ (株)コーチ・エィ CTP認定メンタークラスコーチ
1947年、大阪生まれ。 大学院修了後、研究と学生指導15年、計測器メーカーで3年間製品開発に従事。 その後、専門学校で教鞭を執ること10年。その間並行して20数年、中小企業大学校東京校にて講師・登録指導員として社員教育に携わる。1999年、中小零細企業の技術力育成を目的としたSOHO Chigenとして独立したが 「根本は人」である事に気付き、2002年以降はコーチを専業としている。 中小企業の経営者やリーダーを中心としたパーソナルコーチ、 チーム開発を職域の主軸に置きながらも、コーチ養成機関等においては メンターコーチとしてコーチの養成・指導にあたっている。 とくに近年は、対象を「個性を持った人の集まり」としてあらゆる集団に広げ、 「社会・組織との関わりにおける“人の開発”」を「強み」に焦点を当てることで サポートする活動を幅広く行っている。 そのコーチングスタイルや人間性、また自身の趣味も含めて「温泉コーチ」の別名を持っている。

 

福田 美智江 (ふくだ みちえ)
福田 美智江 国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
NPO法人日本スクールコーチ認定スクールコーチ
米国NLP協会認定マスタープラクティショナー
慶応義塾大学文学部仏文学卒業。
17年間海外で生活をするが、日本で大学を卒業、フランスの銀行に勤め、フォレックス部門で働く。
その後、15年間英会話教室を主宰し、英語講師を勤める。
2012年4月からは「コーチング教室」を主宰し、現在は幼稚園生から大学生・成人と、コーチとして関わっている。親でもない、先生でもない、コーチと定期的に関わっていくことの効果を少しずつ周囲に浸透していき、やがてはコーチングが日常生活に自然に溶け込んでいる社会を目指して活動している。定期的に子育てコーチングセミナーを保護者へ、コーチングセミナーを先生方に行っている。平成22年度は小学校のPTA会長、教科書協議会副会長を、平成23年度~現在、学校評議員を務めている。
また、身体の歪みを整える仕事もしている。3人の子どもの母親。
著者:「マーナビ」全ての子どものための学び情報ガイド(共著)

 

林 健太郎(はやし けんたろう)
hayashi Coach U: Core Essentials 修了
Associate Certified Coach (ICF)
Authorized Facilitator of TDI (TCI)
エグゼクティブ・コーチング及び、トレーニングを企業向けに行うスペシャリストです。チーム全体がいかにパフォーマンスを上げるかというテーマについて、革新的なメソッドとして開発された「チームコーチング」の資格保持者でもあり、チーム全体の効率アップに関するトレーニングやコーチングを行うことができます。
通信業界におけるコンサルタントとして、ネットマーケティング及びオンライン
広告に携わってきました。また、消費財の世界においては、セールス、マーケティング、支社のマネージメントなど国際ビジネスにおいて多くの経験を積んでいます。
豊富なビジネス経験から、クライアントに対する的確なフィードバックは革新的なアイデアの創出につながります。ネイティブレベルの英語スキルでバイリンガルなセッションができることも、特徴の1つです。
非営利型一般社団法人 国際コーチ連盟(ICF)日本支部の代表理事としてコーチングの普及活動を行っています。

button_toiawase button_moushikomi

個人コーチング 個人コーチング

会員申し込み